◆◆◆ 初心者向きでない実験プロトコール ◆◆◆

■ 大急ぎLB寒天培地作製法
(〜20分)
 大腸菌の形質転換をした後、プレートがない・足らないことに気づいたあなたに。

培地基材、寒天を三角フラスコに入れる。培地量はフラスコ容量の1/3以下が良い。
20 g/L LB Brorh Base, powder (Invitrogen)
15 g/L 培地用寒天
目分量(三角フラスコ目盛り)で脱イオン水を加え、よく混ぜて完全に溶かす。

ラップでふたをする(蒸気の通り道を確保)。
電子レンジにかける。沸騰させた状態で1〜2分待つ(吹きこぼれないよう注意)。
ゆっくり振り混ぜながら流水で50℃くらいまで冷やす。
*抗生物質を加える。
シャーレにまく、フタを半開きにした状態で氷の上に乗せ、固まるまでまつ。

大腸菌のストリーク、プレーティングに使う。

 注意:このプレートは長期保存には向きません。多分。