邦文解説リスト(1999-2017)


 2015

河内美樹、藤原崇志、田中奈月、前島正義:亜鉛輸送体Cation Diffusion Facilitatorの機能を支える構造., 微量元素学会誌,
 「セミナー」 Biomedical Research on Trace Elements (2015)

前島正義:植物細胞-液胞.,植物学の百科事典 (担当編集委員:三村・飯野・長谷部),丸善出版(2015)

瀬上紹嗣、前島正義:GFPの二量体化を原因とする細胞内オルガネラの異常構造の形成とその予防策.,化学と生物,
 53 (10), 703-708(2015)

 2008

前島正義:1.3.5 アクアポリンの分布(植物),『からだと水の事典』(佐々木成,石橋賢一 編)朝倉書店,(2008)印刷中

 2007

広野めぐみ,三村久敏,瀬上紹嗣,中西洋一,前島正義 :プロトン輸送性ピロホスファターゼ:低コスト化合物を利用するポンプ (シンプルなプロトンポンプの機能を支える分子構造) 生化学,79(6),535-541(2007)

前島正義:項目執筆,生化学辞典第4版,東京化学同人,(2007)2007年12月刊行

 2006

河内美樹,小八重善裕,富岡利恵,前島正義:植物の金属ストレス回避機構,化学と生物,44(3),172-177(2006)

 2004

前島正義:ノーベル化学賞のスポットライトをあびたアクアポリン,化学と生物,42(1),41-42(2004)

井出悠葵,前島正義:免疫ブロッティング:膜にのってくれないタンパク質をのせる工夫. BioRadiations. No. 3, (2004)

前島正義:みずみずしい植物とアクアポリン. 大学と科学公開シンポジウム『みずみずしい体のしくみ:水の通り道「アクアポリン」の働きと病気』(2004)

 2003

須賀しのぶ,石川文義,村井麻理,前島正義:植物における水の輸送とアクアポリン,植物の生長調節,38 (2),(2003)

前島正義,広野めぐみ,中川周治,小八重善裕:液胞と代謝-物質集積とコミュニケーション,蛋白質核酸酵素,増刊号「植物の代謝コミュニケーション」,Vol.48 No.15 pp.2184-2191 共立出版(2003)

神谷岳洋:リン脂質が膜タンパク質のトポロジーを決める,化学と生物,41, 179-180,(2003)

前島正義:膜輸送系の研究に利用される阻害剤と蛍光プローブ,細胞工学別冊,植物細胞工学シリーズ18巻(加藤,島崎,三村,前島 編),pp. 224-229(2003)

三村久敏,神谷岳洋,前島正義:膜輸送システムの分子構造と機能,細胞工学別冊,植物細胞工学シリーズ18巻(加藤、島崎、三村、前島 編)、pp. 199-205,秀潤社(2003)

中西洋一,池田己喜子,前島正義:液胞型プロトンポンプ,細胞工学別冊,植物細胞工学シリーズ18巻(加藤、島崎、三村、前島 編),pp. 34-39,秀潤社(2003)


 2002

前島正義,中西洋一,三村久敏:液胞膜H+-ピロホスファターゼと膜ダイナミクス、細胞工学,12,1522-1527,秀潤社(2002)[PDF]

中西洋一,中西華代,湯浅浩司,三村久敏,前島正義:液胞のCa2+集積とプロトンポンプ、蛋白質核酸酵素、増刊号「植物の形づくり」(岡田,町田,島本,福田,中村 編),pp. 1777-1782,共立出版(2002)

須賀しのぶ,中西華代,中西洋一,湯浅浩司,前島正義:液胞膜の分化と多様性、細胞工学別冊 植物細胞工学17巻「植物オルガネラの分化と多様性」,pp.190-195,秀潤社(2002)


 2001

前島正義:第14章 植物における細胞間・細胞内物質輸送の機構,「ストレスの植物生化学・分子生物学 - 熱帯性イモ類を中心として-」(瓜谷郁三 編)、pp.201-214,学会出版センター(2001)

前島正義:第15章 低温傷害、「ストレスの植物生化学・分子生物学 - 熱帯性イモ類を中心として-」(瓜谷郁三 編),pp. 218-224、学会出版センター(2001)

前島正義:第3章 エネルギー代謝,「朝倉植物生理学講座」,第2巻 代謝(山谷知行 編),pp. 14-29,朝倉書店(2001)

前島正義:第4章 水代謝、「朝倉植物生理学講座」、第2巻(山谷知行 編)、pp. 30-37,朝倉書店(2001)

前島正義:第3章 放射性同位元素および放射線発生装置の安全取扱(3.3. ガスクロマトグラフ pp.95-98)、第6章 放射線利用の応用例(3. 農学的応用 pp. 150-151)、「放射線安全取扱の基礎-ラジオアイソトープからX線・放射光まで」(西澤邦秀編)、名大出版会(2001)

前島正義:活性酸素の抑制にはたらく植物のシアン耐性呼吸、化学と生物、39巻、323-325(2001)


 2000

前島正義:第13章 植物固有の膜輸送装置,日本生化学会編「バイオサイエンスの新世紀」,第7巻 生体のエネルギー装置(吉田賢右、茂木立志 編)、pp. 170-181、共立出版(2000)

前島正義:第4章 植物細胞の小器官,日本生化学会編「基礎生化学実験法」,第2巻 生体試料,pp. 167-175、東京化学同人(2000)


 1999

前島正義:第2章-1 植物タンパク質の精製上の留意点(pp.90-93)、
第2章-2 液胞膜H+-ピロホスファターゼの精製(pp.131-135)、
第3章-1 電気泳動ゲルの染色とアフィニティーブロッティング(pp.164-172)、
細胞工学別冊「植物のタンパク質実験プロトコール」(中村,西村,長谷,前島 監修),秀潤社(1998)